韓国ドラマランキング

韓国ドラマランキングでは、いろいろな韓国ドラマのランキング情報や映画の情報などを特集しています

*

グッド・ドクター第19話あらすじ・視聴率

   

スポンサードリンク

2013年8月5日からスタートしたチュウォン(주원)、ムン・チェウォン(문채원)、チュ・サンウク(주상욱)、キム・ミンソ(김민서)主演のKBS月火ドラマグッド・ドクター(굿 닥터)の第19話あらすじ(줄거리:ネタバレ含む)です。

視聴率は第19話19.0%でした。

過去の視聴率は、第1話10.9%、第2話14.0%、第3話15.3%、第4話15.8%、第5話18.0%、第6話19.0%、第7話17.4%、第8話18.4%、第9話17.4%、第10話18.4%、第11話18.3%、第12話19.4%、第13話17.9%、第14話18.6%、第15話19.6%、第16話21.5%、第17話20.3%、第18話20.6%です。

韓国ドラマ グッド・ドクター キャスト・出者演

グッド・ドクター

左から役名で、ユ・チェギョン、チェ・ウソク、チャ・ユンソ、キム・ドハン、パク・シオン、カン・ヒョンテ

では、あらすじを簡単に。

 

シオンを抱きしめるユンソ。シオンは、『自分の血管がボイラーのホースのように熱くなったようです。ぼくの心臓の中で誰かがドラムを叩いているようです』と、ドキドキしていることを表現する。

『それなら私は、どうだと思う?私も同じよ』と、ユンソ。

どうすればいいのか、何をユンソに何をどうすればいいのかわからないというシオンに、ユンソは何もしなくていいという。とはいっても、手が冷たいと言い、手をつないでほしいことを示すユンソ。

シオンは『風邪をひかないで』『手袋を買ってあげる』というが、しばらくしてユンソの意図に気づき手を握る。演劇の練習の時のように恋人握りだ。ユンソは『選手(手練)なの?』と問う。けれど、これはシオンの子供の頃からの習慣で、院長もそのようにしていたという。

シオンはユンソが公開しないかと心配で仕方がない。自分は朝6:30に起きると、昨日のことを後悔することが多いという。酒も飲んでないのに後悔なんてしないとユンソ。

シオンは、もし公開したなら、明日は髪を結んできてくれという。そうすれば、言われなくても見てわかるからと。

 

翌日、ユンソが出勤してくる。顔を上げることができないシオン。けれど、勇気を出して顔を上げてユンソを見る。ユンソは髪を結んでいた。これに意気消沈するシオン。けれど、ユンソは外に出てみろという。とても風が強いからと。『悪い風』と、風にあたるシオンだったが、喜んで跳ねている。

シオンの父はもう回復の余地がない。シオンの兄のシドクが生きていればと嘆くばかりだ。

イネは日記帳に今まで生きてきて幸せだったことを書き綴っている。もし自分が死んでも、姉が読んで慰めになるだろうと。そして、自分の小腸移植の手術がどんなに難しいかを知っているという。

せめて、小児外科で手術をしてもらえたら気が楽なのにというイネ。そんなイネのことを話すジヌクイニョン。自分もドナーとなるイニョンは、思ったより心が冷えきっているという。そんなイニョンの手をにぎるジヌク。医者の手は思ったより温かいのだ、信じてほしいという。

カン元副院長は、トハンや他の医師に触れ考え方が変わり、チェ会長に反旗を翻すつもりがあるようだ。

 

ユンソはすっかり舞い上がっている。スマホの記念日をカウントできるアプリを使いはじめる。お前は使わないのとシオンに問うも、シオンは、はじめて会った日からのことは全て記憶しているという。

公式に付き合い始めた初日だからどこか行きたいところはないかというユンソ。けれど、動物園とネットは早々に除外される。結局二人は占い館へと行く。

シオンは多くの動物に見守られていると言われ、ユンソは酒と火の精霊だと言われる。ここまではビンゴだ。次に相性を占ってもらうと、魂の足が1本しか無いと言われる。複数あると、別れてもやり直せるが、1本しか無いと別れれば終わりだと言われ、気分を悪くする二人。

帰りにルービックキューブを合わせ、ゆでたまご機をゲットするシオン。しかも10秒で目をつぶってやってのけてしまった。その後、家に帰り、皆に公表して気楽に付きあおうというユンソ。後日にしようというシオン。自分のことでユンソが何か言われないか心配なのだ。

 

いよいよトハンが準備したイネ奪還作戦を決行する日だ。トハンはキム課長の不備を突く。コ課長もトハンをアシストする。イネの移植は小児外科で、イニョンの小腸摘出は肝胆膵外科で行う確約を得る。

カン元副院長は状況が好転する提案を、理事長チェギョンに行う。

医局に帰り、残念そうな雰囲気を醸し出すトハン。演技だった。出し物に向けてこのぐらいはできなければと笑いを取るトハン。その後、いつも阻害されていたコ課長が会食に皆を誘う。今回はトハンを始め皆が行くという。

 

トハンはシオンの父のもとへ行く。シオンを大人として扱ってくれと。シオンの兄が生きていれば、同じことを言っただろうという。

会食。シオンはコ課長に対して『黙っていればイ・ビョンホンに見える』という。物まねをするコ課長。失笑の後笑いを誘う。その後、ユンソは思い切ってシオンとの交際を告白する。けれど、皆は冗談と思う。本気だというユンソに拍手をすしたのはジヌクだけだった。

片思い仲間だったジヌクはシオンにエールを送る。資格ができたのだからなくしてはダメだと。『なくしません、絶対』と答えるシオン。

シオンファンのチェギョンは二人を応援する気まんまんだ。トハンは二人をとても心配している。医局でもイルギュがシオンを擁護している。けれどやはり院内ではユンソを笑うものもいた。

ユンソがトハンにどうして何も言わないのかと問う。男女関係のことでは何も言えないというトハンだったが、誰よりも懸命なお前の判断だからと、賛成してくれる。

院内での出し物は無事に終わる。その終わり際、急患が入り、現場へと駆けつける医局員たち。その様子を見るチェ院長と理事長。自分の弟子たちの頼もしい姿を頼もしく見ている。

チョ・ジョンミの秘密が明らかになる。ナム・ジュヨンに語った話は悲しいものだった。交通事故で亡くなった兄夫婦の子を引き取ったのだが、悪性リンパ腫にかかってしまった。

病院代を稼ぐために留守がちにしていたが、その時に死んでしまったのだと。その子供は『いつも一緒にいてくれてありがと。愛している』と、手紙を残していたのだ。一緒にいてあげられなかったのに。それが、看護師になった理由だった。

 

ユンソとシオンの噂は病院内に広がっていた。同僚がユンソを呼び止めて、シオンと付き合うのはやめろという。母親をどう説得するのかと。それが、世間一般のシオンに対する評価だった。

イライラしていたユンソはカッターで手を切ってしまう。シオンに治療してもらうユンソ。ユンソは、そんなに自分の全部が好きかと問う。頷くシオン。大事だわと、ユンソ。

ほんとうに大丈夫かと問うシオン。『だいじょうぶどころか、とっても気分がいい』と答えるユンソ。『もしも、ぼくのせいで少しでも心が痛むことが起きれば・・・』というシオンに、『起きても大丈夫。私達が大丈夫ならいいわ』と答える。微笑むシオン。

 

イネとイニョンは互いに涙を流している。『幸せになるためにするのよ。だから、悪くなることを考えないで。愛してる。一人しかいない妹』と、イニョン。『愛してる、一人しかいないお姉ちゃん』と、イネ。

ジヌクはイニョンにバカになるという。それはイニョンを愛し抜くという意味だ。イニョンもまたジヌクの心に打たれる。

イネと話すシオンとユンソ。イネは二人をいいかんじだという。シオンはイネに感謝の気持を表す。

手術津へ向かうイネとイニョン。イニョンはジヌクを呼び手を握ってもらう。『温かいわ。医者の手ではなくジヌクさんの手が』と、イニョン。

イネはずっとそばにいてとシオンに頼む。ユンソはいい夢を見なさいという。

手術は無事終了する。

無菌室に運ばれるイネ。けれど、しばらくすると、イネの容態が悪化する。昏睡状態だ。血圧は低下し自発呼吸もできず、腹腔内の出血も。血の凝固が前進で無秩序に起きるDICの可能性もある。出血が止まらなければ、目覚めないこともあるというトハン。

 

最終回(第20話)に続く

リンクの際にはコチラをご利用ください  当ページの短縮URL 

http://xn--nckg7eyd8bb4eb9478fjr1g.jp/?p=2353

スポンサードリンク

文責:韓国ドラマランキング

 - グッド・ドクター , , , , , ,