韓国ドラマランキング

韓国ドラマランキングでは、いろいろな韓国ドラマのランキング情報や映画の情報などを特集しています

*

主君の太陽 第14話感想(あらすじ含む)

      2014/03/25

スポンサードリンク

8/7からスタートしたソ・ジソプ(소지섭)、コン・ヒョジン(공효진)、ソ・イングク(서인국)、キム・ユリ(김유리)主演のSBS水木ドラマ・主君の太陽(チュグネ テヤン:주군의 태양)の第14話感想(あらすじ含む)です。

主君の太陽 キャスト・登場人物

第14話の視聴率は18.4%でした。秋夕のブランクのため放送がずれているため、水曜日が偶数回です。

ヒジュとハンナ。双子は入れ違いの可能性も!

主君の太陽

それでは、あらすじを簡単に!

 

『お前がテヤンか?オレはお前が誰かは知らない。けれど、なにかすごく重要な人のようだ。おまえ、オレにとって何だ?』と、チュグン(チュンウォン)

テヤン(コンシル)はそっけない素振りを見せ、見ての通り貧乏な女だという。チュグンはどのようにオレが特別な人間だったのかと問う。テヤンは嵐の夜に出会ったことや、追いかけてアルバイトになったこと、就職させてもらったこと、ホテルでイベントをシてもらったことなどを話す。そうして特別な人になったのだと。

確かに事実だが、ニュアンスがぜんぜん違う。テヤンはわざとぶっきらぼうに自分が打算的な女であるかのように話す。

信じられないチュグンは、『この建物はお前のか?』と、テヤンに特別な何かがあるに違いないと思うが、もちろんそんなことはない。『おまえのどこにも身震いして受け入れられるだけの肉感がない』と、テヤンの容姿を見渡すチュグン。

通帳にパンパンに入ったお金は対価だと思って使わせてもらう。今までありがとうと、事実でないドライなことを言うテヤン。

けれど、そんなことが全てじゃないというチュグン。記憶を失った期間にあまりにも色々なことが変わっていたからだ。恥ずかしいけど嫌ではない。『もしかしてそれはお前のせいじゃないのか?オレはとても大きなものを忘れているようだ。それはお前にあるのか?』と、チュグン。

そのとても大きなものとして、テヤンはビールを返す。『持って行って。私と遊んで残したものはこれで全部よ。簡単に別れる女になってあげるという考え方だから』と。

最後に『二度と来ないでください』と言い部屋に戻る。

ソクチョルはチュグンの口からコンシルの名が出ると、口止めされていたことを忘れたかのように、二人の関係を話し始める。けれど、テヤンも普通じゃないと、婚約時の白磁を壊せというぐらいの女だという。この辺りは少しニュアンスが違う。自分は客観的に言ったまでだと言い帰っていくソクチョル。

カンウは防空壕のチュグンがいなくても大丈夫かとテヤンに問う。テヤンは、自分の世界に引き入れてしまったために、世界で一番恐ろしい霊(大好きなチュグンの霊)を見たのだから、これ以上引き入れることはないという。

昔は勉強ができ大きな太陽だったからと、再び勉強を始めようとした矢先、コ女史がやってくる。『私達の契約を忘れてはないでしょう?』と。死婚の女性候補を探すために、テヤンの力が必要だったのだ。

 

キム室長がいないため、うまく仕事が運ばない。その内容が入っているかとMP3を聞くチュグン。すると、その中にはテヤンの声が入っていた。自分に欠落した記憶の中のテヤンだ。気になって仕方ない。チュグンはテヤンのオフィスに行き佇む。

ある男性が結婚するのだが、以前の彼女の霊に取り憑かれているため、コ女史に相談する。もちろんテヤンも一緒だ。そこにチュグンの叔母ハンナがやってくる。コ女史はテヤンの能力を叔母に伝える。

さらにチュグンがやってくる。仕事中なのに体に触れたので霊が消えてしまう。『触らないで』というテヤン。男性はあなたにも経験がありますかと、霊を追い払った体験談をチュグンに聞こうとする。ドライバーで刺した話をして、『死にたくなければすぐに消えろ!』と、その男性を追い払うチュグン。

チュグンは叔母の待つ席に移りハンナのしているネックレスに目をやる。『全然記憶はないのだけれど、どこかで会ったことがありますか?』とチュグン。以前から知っている人のようだというハンナ。

キム室長はイギリスでハンナを探していた。そして、整形して別人の顔になったことを知る。これで全てがつながったキム室長。

テヤンはコ女史に連れられ、チュグンたちのいる部屋へ連れて行かれる。そして、ヒジュの霊がいることを伝える。これ以上会いたくないからここで犯人のことを言ってくれと、ヒジュの霊に向かって言う。

チュグンは立ち上がり、テヤンの手をつかみ外に連れ出す。コ女史は霊が消える気配を感じ、どうしてチュグンがテヤンにとって特別なのかを感じ取る。

テヤンは霊が見えることをチュグンに言う。そして、特別顧客センターは霊のためだったと。かつての自分は百億ウォンのネックレスを見つけるためのレーダーだったことも言う。通帳をパンパンに満たしてくれるし適正もあったからやっていたけど、あなたが自分のために怪我をしたから辞めたんだと言う。

『社長とはこれ以上会わないほうがいいんです』と言い去ろうとするテヤンだったが、チュグンは手を掴み引き止める。『触らないで、イヤなんです』と、手を振りほどくテヤン。

 

『あの人が嘘をついてないなら、あなたは霊として残っているの?もしかして、そばにいるの?もしも、あなたがそばにいるなら謝るわ。悪かったわね、姉さん』 と、ハンナ。

カンウに状況を確認するチュグン。カンウは『全て消えたから、もう本当に消えてもいい人なのですか?テ・ゴンシルさんにとっても、本当に社長が消えてもいい人になったらいいと思います』と言う。『気分がどうしてこんなにつらい?』と、チュグン。

チュグンを刺した犯人が捕まる。彼はテヤンに復習をしようとしたわけじゃなくて、子供の霊が取り付いていることが気になって狂いそうだったため、テヤンを探していたのだ。そこにチュグンがやって来て、テヤンをかばって自分が刺されたことを知る。そして、テヤンをほんとに消してしまっていいものかと、苦悩する。

テヤンは自分がどうして霊を見るようになったのかと、コ女史に訪ねる。コ女史は3年間意識がなかったのなら、そんなこともあるでしょうという。姉もまた、昔のことを話、10日間行方不明だったが山で発見されて、その後3年間目覚めなかったという。

カフェに謎の男性登場!霊と話す能力があり、テヤンの過去も知っているようだ。

 

チュグンはテヤンのことが気になり、キム室長を装い誘い出す。好みでない貧乏アパートに住む女を助けて、ドライバーに刺されて一度は死んだ。そこで自分を見ただろう。人は最後の瞬間に正直になる。オレは何を言ったのか?と問う。

『怖い言葉を聞きました。あなたの記憶は戻ることはないでしょう。心配しないでください』と、テヤン。『お前はそのことが本当に無くなってもいいのか?』と、チュグン。何度か頷き『無くなってもいいです』と、テヤン。その言葉を聞いたチュグンは『もう掴むこともできないだろう、行け』と言う。それは『愛してる』という言葉だった。

 

かんうがハンナについて調べている。絵葉書とハンナの筆跡が同じだということがわかる。けれど顔が違っているのだ。キム室長が帰ってきて、その謎が溶ける。彼は、ハンナ・ブラウンは姪であり、ヒジュは双子だという。そして、このことをチュグンに言うつもりだったと。

 

チュグンはソクチョルからテヤンの話を聞く。叔母経由で聞いた話だと、テヤンはコ女史とおかしな契約をして、一生縛られ、別世界の住人になるようだと言うソクチョル。

チュグンはテヤンを開放するすべをコ女史に聞く。金で解決できるのならそうするつもりだ。コ女史は記憶を取り戻せば解決できるという。それはいいというチュグンに、コ女史は目が覚めた瞬間に手から消えたものを思い出せば良いという。

食い下がるチュグンに、『彼女は自分の全てを差し出しました。どのくらいになるか計算して合意してください』と、意味深な言葉を残して去るコ女史。

もたれかかり思い悩むチュグン。叔母が心配して辛いのかという。チュグンは『辛いです。気になるほどではないけれど・・・実はすごく辛いです。最初から目が行ったし、ずっと見てしまうように・・・。知らないふりをしたかった。無くしたものを探しに行く必要があります』と言う。

そして、手から消えた太陽を思い出す。ハンナがネックレスを見せると、『おなじようだけど、それは本物じゃない』という。

テヤンのもとには再びヒジュが来ている。『私はあの人と終わったんです。見て、これは捨てます。だからもう、私を訪ねて来ないでください』と言い、ネックレスを捨てようとする。

そこにチュグンがやって来て、テヤンの手をつかむ。『おまえ、本当に防空壕が亡くなってもいいと思ってるのか?』と、チュグン。『記憶を取り戻したの?』と、テヤン。『そうだ、本当に取り戻したくなかったが取り戻した』と、チュグン。

さらに、記憶がなく、心安らかに自分の世界にいて、テヤンのいる世界と関わらないことが幸せだったという。テヤンもまた、チュグンがいなくてよかったのだという。それなのにどうして記憶を取り戻したのかと付け加えるテヤン。

『嘘をつくな。お前は生きることさえしていなかった。テ・ゴンシル。お前は絶対にオレ無しに生きては駄目だ。オレがいなけれがお前は死んでいるかのようだぞ』

と、チュグン。

 

第14話につづく

リンクの際にはコチラをご利用ください  当ページの短縮URL → http://xn--nckg7eyd8bb4eb9478fjr1g.jp/?p=2169

スポンサードリンク

文責:韓国ドラマランキング

 

 - 主君の太陽 , , ,