韓国ドラマランキング

韓国ドラマランキングでは、いろいろな韓国ドラマのランキング情報や映画の情報などを特集しています

*

その冬、風が吹く 捨てるところのないドラマ!

      2013/09/17

スポンサードリンク

ソン・ヘギョ、チョ・インソン主演、キム・ボム、チョン・ウンジ出演のSBS水木ドラマ・その冬、風が吹く(ク キョウル、パラミ プンダ:그 겨울, 바람이 분다)も11話が終了しました。

視聴率も15%近くにまで伸び、アイリス2(IRISⅡ:아이리스2)に5%近く差をつけて同時間帯1位をキープしています。

今日は今まで視聴した感想を雑感として記述していこうと思います。

その冬、風が吹く(ク キョウル、パラミ プンダ:그 겨울, 바람이 분다)

原作となった日本のドラマは、『言われてみるとそういうのもあったな~』というレベルにしか覚えておらず視聴していません。

『愛なんていらねえよ、夏』というのが原作ですが、渡部篤郎の独特の演技と広末涼子の視覚障害者の演技が好評で、視聴率は良くなかったものの韓国にもファンがいるという良作です。

韓国の原作ファンの中には『韓国的な抑えのきかないむき出しの感情表現が気に入らない』という人もいるようです。けれど、個人的には比較的押さえられた演技をしているなと思います。

ソン・ヘギョの演技は期待通りです。それよりも驚いたのがチョ・インソンの演技力がとんでもなく向上していることです。

彼は役者としては致命的な舌足らずだということもあって、個人的にはあまり好きな俳優ではありませんでした。だからこのドラマも見ないでおこうと思っていたのですが、大根役者は今は昔で、欠点を補って余りある演技力を見せています。

特に、何かに感動して涙が出そうになるのを斜めを向いてこらえる演技には、いつもぐっときてしまいます。

 

また、脚本家のノ・ヒギョン氏の言葉選びが絶妙で、セリフに捨てるところがないんです。あらすじを書いていると、聞き取れないところを何度も再生するので、実質1話につき3回は見ています。

そうやってあらすじを書いていくわけですが、ある程度端折らないと5000字以上になってしまうため要約しようとするのです。けれど、ついつい全ての語句を一字一句書きたくなる衝動に駆られます。

こういったことは良い脚本の時に起きることで、ダメな脚本の時にはあらすじお越しのために再びドラマを視聴することさえ苦痛となります。

その冬、風が吹くは俳優にも『助詞さえも変えないで』と要求するノ・ヒギョン氏の巧みな言葉選びが顕著に現れると同時に俳優陣の演技ととてもうまくマッチしたものになっています。

今回は脚本厳守の方針を若干緩和しているとのことですが、それでも一遍の詩が永遠に続いているような流れは損なわれていません。

今後日本に上陸することは間違いないと思いますが、訳者によってはドラマの良さが十分に伝わらない可能性があります。とてもハードルの高い作品ですが、脚本に忠実に訳して貰いたいです!

第11話のあらすじは明日中には仕上げます。しばしお待ちを!

その冬、風が吹く 捨てるところのないドラマ!

スポンサードリンク

 - その冬、風が吹く , , , , ,