韓国ドラマランキング

韓国ドラマランキングでは、いろいろな韓国ドラマのランキング情報や映画の情報などを特集しています

*

相続者たち第3話あらすじ(ネタバレ含む)後半

   

スポンサードリンク

イ・ミンホ/イ・ミノ(이민호)パク・シネ(박신혜)主演のSBS水木ドラマ・王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ 相続者たち(相続人たち:ワングァヌル スリョヌンジャ、ク ムゲルル キョンドョラ サンソクジャドゥル:왕관을 쓰려는자, 그 무게를 견뎌라 – 상속자들)の第3話あらすじ(ネタバレ含む)後半です。

相続者たち

では、あらすじを簡単に。

 

車の修理の手配は明日にならなければできないということで、今日はモーテルの泊まることとなった二人。タンは店先に並んでいた『I love California』Tシャツを買い着替えにする。ウンサンとペアルックだ。

着替え始めるタン。顔を背けるウンサン。『目標がカップルと誤解されることなの?』と問うと、タン『夢も見るな』と、切り返す。

食事をする二人。お酒もあるのねとウンサンが言う。酒も飲むのかと問うタン。『ずっと手が震えていたの見てなかった?』というウンサン。『ちょっとかわいい』と答えるタン。『分かればいいのよ!』と、ウンサン。半分自画自賛だ。

じっとウンサンを見つめるタン。やめないと答えたくない質問をするわよとウンサン。さっきの人は誰かというようなものか?と言うタン。『オレが世界で一番好きな人だ。他に気になることがあるか?』と、自ら答える。

ウンサンはてっきり、あっちのケがあるのかと思う。それに反応し『ヤー(こら)』と言うタン。ウンサンは椅子から落ちそうになる。それをタンが抱きかかえる。『ばかじゃないか?怪我するところだったじゃないか』と、タン。

顔が赤いぞというタン。残念だからだと答えるウンサン。その理由はパンケーキを食べてないからだ。ウンサンのアメリカのイメージはたっぷりのシロップを掛けたパンケーキにオレンジジュースなのだ。

『やぼったい』と言いつつ、メルローズにいい店があるから、LA(ロスアンゼルス)に行けば一緒に行こうというタン。約束が守れなければ死ぬから、そんな約束はしないでというウンサン。そして、ソーセージに集中するという。『お前がもっと怖い!』と、タン。

 

ベッドは自分が使うとタン。寝たふりをするウンサン。聞きたいことがあるというタン。帝国グループが滅びればいいというのはどうしてかと問う。SNSを見られたことに気づくウンサン。あなたには関係ない、株でも持っているのかと言うウンサン。

寝るまで見ていろというタン。さっきは落石のせいと言っていたのに、今度はアナタのせいと言い出すウンサン。『もし、オレが』と、自分の正体を明かそうとしたのに寝てしまうウンサン。座りながら寝ていたウンサンが倒れそうになったのを支えるタン。しばらく彼女を見つめる。

チャニョンラヘルからウンサンの居場所を教えてもらう。そして、二人が家に到着したのち、チャニョンもタンの家へ到着する。駆け寄るウンサン。これで生き返ったウンサン。けれど、タンはイラつく。

去るために挨拶するウンサン。自分のためにトラブルに巻き込まれたことにして、補償としてここに留まればいいというタン。

チャニョンは『もしかしてキム・タンか?』とタンに問う。お前もオレを知っているはずだとチャニョン。もしかして中学でいじめたかと問うタン。そうシンプルな話ではないというチャニョン。

結局ウンサンはタンの家を去る。

 

『優しいやつじゃない』

それがチャニョンが知るタンだ。そうウンサンに伝える。

トッポッキが食べたいというウンサン。さっそくチャニョンと街に出る。そこで写真を取りSNSにアップする。面白いものを見せてやるというチャニョンは3つ数えてみろという。3つ数えると、ポナからの怒りの電話がかかってきた。

 

ラヘルとの写真を見て、明日だなというタン。ラヘルは鳴らない電話を待っていた。タンから電話が入っても、もう韓国にいるという。そばで電話をかけていたタンは『またアメリカに来い』という。タンを見て飛行機の予約を1日延ばすラヘル。

ヨンドミョンスは相変わらず暇を持て余している。

ラヘルとショッピングをするタン。ラヘルはものよりも一緒にいる時間が贈り物だという。けれどタンは、皮肉で返す。『お前とショッピングするのは好きだ。他のことをすれば、本当にデートしているようだからな』と。

顔色が変わるラヘル。ウンサンは去ったのか見送ったのかどっちだと問う。お前のシナリオ通りだと答えるタン。そこに、ラヘルの帰国が伸びたことで父に八つ当たりされたヨンドからの怒りの電話が入る。

クソみたいな奴と兄妹となるというラヘル。ヨンドとは仲がいいのかと問うタン。タンがいなくなっても一人で暴れていると答えるラヘル。

婚約記念日なのに腹が立つ言が多いから、気分直しにメルローズのパンケーキ屋へ行こうというラヘル。タンはウンサンがいる気がすると答える。いるかどうか行ってみましょうと、強気のラヘル。

行ってみると本当にウンサンがいた。ラヘルは強引にウンサンとチャニョンの席に座る。偶然なのか運命なのか見てみましょうと。

チャニョンとラヘルは面識はなかったが、互いに同じ学校だということは知っていた。ラヘルは二人の関係を問う、チャニョンは昔からの友達だと答える。ここにはどうしてきたのかと問うラヘル。ウンサンが来たいといったからと答えるチャニョン。さっきよりも空気が淀む。

ラヘルの攻撃は止まらない。タンにもイ・ボナの新しい彼氏に挨拶しろという。そして、元カレと今カレだと言う。さらには、ウンサンに対して婚約者がいる男と彼女のいる男を振り回していると、責任を転嫁する。さすがにタンはラヘルを連れて席を立つ。

おせっかいか知らないふりをしようかとチャニョン。

 

タンは出会ってから8年の間、お前は賢くキレイだったという。けれど、今のお前は変わった。それがオレのせいなら、のめり込むほどの価値がオレにはないとラヘルに言う。そして、時間があれば見送りに行くといい去る。

ラヘルは偶然ウォンに会いついていく。ウォンの母の墓だった。ウォンの母はワインやオレンジに囲まれてここで生きていたが、韓国に行きつらい目に会ったのだという。

ユン室長はイ・エストと再会する。エストはユン室長を見ると未だにときめくという。

 

タンはユン室長との電話で、チャニョンがユン室長の息子だと知る。その後、ウンサンと話したくてチャニョンに電話するタン。けれど、伝えるから言えと、チャニョンはわざわざ変わるつもりがなかった。『お前は弁護士か?』と、タン。ウンサンはもう会うこともないからと、電話しないという。

ウンサンは明日帰ることに。

ラヘルを送るためにやってきたタン。気まずいというラヘルに、『気まずくても我慢しろ、かっこいいから』と、タン。

空港。韓国に帰るつもりはないのかと問われ、そのつもりはあるけど勇気がないと答えるタン。未熟な勇気が必要なのだと。

タンにハグするラヘル。そのとき、ウンサンがタンの視界に入る。ウンサンも二人を見つけ踵を返す。

『チャ・ウンサン、待て!』

と、タンが叫ぶ。

 

相続者たち第4話につづく

相続者たち第3話あらすじ(ネタバレ含む)後半

スポンサードリンク


 - 相続者たち , , , , , , , , , , , , , ,