韓国ドラマランキング

韓国ドラマランキングでは、いろいろな韓国ドラマのランキング情報や映画の情報などを特集しています

*

グッド・ドクター第2話あらすじ・視聴率

   

スポンサードリンク

2013年8月5日からスタートしたチュウォン(주원)、ムン・チェウォン(문채원)、チュ・サンウク(주상욱)、キム・ミンソ(김민서)主演のKBS月火ドラマグッド・ドクター(굿 닥터)の第2話あらすじ(줄거리:ネタバレ含む)です。

視聴率は第2話14.0%でした。過去の視聴率は、第1話10.9%です。

韓国ドラマ グッド・ドクター キャスト・出者演

グッド・ドクター

左から役名で、ユ・チェギョン、チェ・ウソク、チャ・ユンソ、キム・ドハン、パク・シオン、カン・ヒョンテ

では、あらすじを簡単に。

 

酔っ払って帰ってきたユンソ。朝起きると見知らぬ男がパンツ一枚で歯を磨いている。『警察に通報するわよ、近づかないで!』というユンソ。シオンは『ここは僕の家です』と答える。実は先週、ユンソは一つ上の階に引っ越したのだが、酔っ払っていたため元の家へ入って寝てしまったのだ。

ユンソは謝りシオンと一緒に出勤する。けれど、シオンは謝罪の言葉を聞かず、病院までの道のりを復唱している。いまいち事情が掴めなかったユンソだったが、ハン・ジヌクにシオンについて説明してもらい要領を得る。

トハンも医局に出勤してくる。酒臭いユンソに男性用のトワレを投げる。使わないというユンソに、香水なんか持ってないだろうとトハン。皆が失笑する。追い打ちを掛けるようにシオンが近所の風呂屋のおっさんの臭いだという。

トハンを筆頭に病棟を巡回する医局員達。シオンはメモを取らないことを指摘され、ユンソに言ってみろといわれるも、全て暗記していて驚く医局員達。

患者のユ・ソンホ君が描いた蝶の絵に見とれるシオン。昆虫学者になりたいのだと母親から知らされる。にわかにソンホが戻し始める。記録を見て母親に様子を聞く。その後、意識不明になる。危機的状況だ。

ソンホはコ・チュンマン課長の患者で胆道嚢腫の術後だった。シオンは繰り返し危機を訴えるが、他の医師は術後の症状だという。トハンは古課長に連絡をとれと指示するとともに、シオンに口をふさげと命じる。

コ課長はセミナーと言いつつ接待ゴルフに勤しんでいた。

医局員は他の患者のオペに入る。シオンは手術室から抜けだしてソンホのところに行く。コ課長が戻ってこないのに業を煮やし、シオンはオペすることを決断し、シニア看護師のチョ・ジョンミの協力を得て、手術室にシオンを運ぶ。

ソンホの手術室は医局員の手術室の隣だ。それに気づきトハンがソンホのところにやってくる。すでに命の危険な状況だ。トハンは並行して手術を行うことを決断する。けれど、シオンは手術室から追い出される。

チェ院長カン副院長、そしてシオンが階上の見学室で手術を見守る。上からモノを言うシオンに黙れというトハンだったが、危機的状況に陥った際にアメリカでの臨床例を上げつつ的確に知識補填するシオン。こうしてなんとか手術は終わる。

そこにコ課長が戻ってくるが、チェ院長に冷ややかな目で見られる。

トハンは笑みを浮かべたシオンを殴る。運が良かったから二人は助かったが、お前のせいで二人が死んだかも知れないと怒っているのだ。患者も医者も死ぬ、二度とオレの前に姿を見させるなとユンソに言う。そして、衣服からゴルフボールが出てきたことで、コ課長は立つ瀬がなくなる。トハンの怒りはシオンだけにではなくコ課長にも向いていたのだ。

執刀医出ないと詳細がわからないので危険なのだとシオンをなだめるユンソ。

チェ院長はトハンに対してシオンの笑みはサヴァン症候群の病状からのものだといい誤解を解く。

 

動くなと言われていたのに勝手に動いたことをユンソに咎められるシオン。パンを食べさせようとするユンソだったが、食べたくないといい口を開けないシオン。

二人の様子を見ていたトハンに肝胆膵外科課長のキム・ジェジュンが話しかける。ヘパトブラストーマ(肝芽細胞腫)の小児患者を小児科に渡せとユンソが言っている事を告げ、予防線を張る。また、コ課長についてもバカにして去る。

カン副院長は誰かに電話している。病院外にボスが居るようだ。そこに、ユ・チェギョンが訪ねてくる。チェギョンはカン副院長をこの病院には過分な人だ、今後も何かと教えてくれという。

小児科の常連ナ・イネが再び入院することになる。もう何度も入退院を繰り返している。

トハンは今日から6時に帰宅しろと、病院に長時間いることを阻止する。異議を唱えるユンソに対し、知識はおどろくべきだが医師として問題がありロボットのようだし、マインドに問題があるとトハン。

トハンがガールフレンドのチェギョンと飲みに行っている間、ユンソとシオンはスーパーで買い物したあとシオンの家で食事をしようとしている。ユンソはシオンが食べたいものではなく、結局自分ができる卵焼きを作る。

シオンはおもちゃのメスを探している。兄がプレゼントしてくれた大切なモノだ。ユンソが謝って捨ててしまったため、外のゴミ置き場に行って探すシオン。何とか探しだしたシオンは、二度と家に来ないでとユンソに言う。

酔って帰るトハンがユンソに電話を入れるとシオンが出る。訝しがるトハン。

チェ院長とカン副院長が話している。カン副院長はコ課長の処分はせずに、シオンのことがあるため恩を売ろうと提案する。

肝胆膵外科課長キム・ジェジュンが病状から手の施しようがない事を両親に告げている。その様子を見て気になるシオン。

コ課長が処分されなかったことに怒るトハン。シオンのせいなのかとチェ院長に食いつく。そこに自分の患者のことでキム・ジェジュンが怒鳴りこんでくる!

第3話に続く

リンクの際にはコチラをご利用ください  当ページの短縮URL → http://xn--nckg7eyd8bb4eb9478fjr1g.jp/?p=1828

スポンサードリンク


 - グッド・ドクター, チャン・オクチョン、愛に生きる , , , , , ,