韓国ドラマランキング

韓国ドラマランキングでは、いろいろな韓国ドラマのランキング情報や映画の情報などを特集しています

*

韓国ドラマ 鮫(サメ) 第10話あらすじ(ネタバレあり)

   

スポンサードリンク

ソン・イェジン(손예진)、キム・ナムギル(김남길)主演で2013年5月27日スタートの韓国ドラマ『鮫(サンオ:상어) 邦題:サメ ~愛の黙示録~』の第10話あらすじ・視聴率情報です。(ネタバレあり)

韓国ドラマ 鮫 キャスト・登場人物

鮫 特集ページ

第10話視聴率は7.0%で同時間帯3位でした。

鮫130624

では、簡単にあらすじを!

 

夜。ヘウから公園に呼び出されたジュン(イス)。来てくれてありがとうというヘウに、ジュンは、あなたに会うのは簡単ではない、コチラがありがたいと言う。そして、『要件から伺いましょう』と付け足す。

ベンチに座る二人。ヘウはある友人のことを話し始め、酒は自分を慰める存在だという。ジュンはイスのことかと問う。ヘウは沖縄に椅子の写真を送り確認したが別人だと言われたと言う。けれど、沖縄にいたのはイスで、どうして顔が変わったのかを考えていると言う。

ジュンにキム・ジュンと言う名前が本名かと問う。ジュンはムラカミシンジだと答える。ヘウが望む答えは一向に聞けない。ヘウは率直な話を望むというが、検事と相対する人は心を隠すだろうとジュン。あなたもそうなのかと問うヘウ。

どんな顔でもイスならばわかると思っていたと告白するヘウ。ほとんどの人は目に見えるものを信じるが、あなたは信じるものを見たがっているというジュン。『信じたくない真実を見るかもしれないでしょ』とヘウ。なぜかと問われ、ヘウは『そうすればイスを探せるから』と答えるヘウ。

『自分にはわかる。イスは止めてくれと望んでいることを』と、ヘウ。その場を去るヘウ。

オ刑事チョン・マンチョルの家にあった写真の捜査をしている。オ刑事はピョン刑事チョ会長が事件に関与してないかどうか確認する。それはないとピョン刑事に言われ、再び写真について調べ始める。

チュニョンは事件に父が関与しているかもしれないと薄々気づいているようだ。ヘウにそのことを聞くが、ヘウはそうだとは言わない。

12年前のことで父と口論するヘウ。仮に自分が事故を起こして、それでイスの父やイスが死んだとしても、自分には関係ないという父に、許すことができないというヘウ。

部屋に帰りボードを見つめるヘウ。イスが他の顔を持っているという推論とジュンが交錯する。イスの映像とジュンの写真を比較するが結論は出ない。朝、ヘウはジュンの家まで行くが呼び鈴を押すことができなかった。ジュンもまたヘウに気づいたのかドアを開けるが、そこには誰もいなかった。

殺人事件のきいがネット上に上がり、チョ会長は自分が気づき上げたものを台無しにしたとウィソンに対し激怒する。スキャンダルの記事もあがっている。このことにより、ヘウの検事としての行動にも制約が生まれることとなる。

オ刑事はついに写真の男性の正体にたどり着く。独立運動家だ。ピョン刑事に写真があることは伝え、夜に会おうと約束する。

チュニョンはチョ・ウィソンのために捜査をセッティングし弁明させる。ピョン刑事はチョン・マンチョルレベルとどうして12年も連絡を取り続けていたのかと問うが、見た目より気さくなのだとうろたえながら答える。

ヘウは地検長に辞表を見せる。これ以上捜査ができないのならこの地位にいる理由がないが、やれるべきことがある限りは検事でいるといい辞表をしまう。

オ刑事は写真のことを詳しく調べるために『私たちの歴史を正す研究会』へ行こうとして路地にいる。道に迷っているようだ。そこに、ペンをカチカチと言わせ本屋の親父がやってくる。

イスがチング(友)からの電話を受ける。自分のミスだ、けれど安心したと言っている。気が変わった、ヘウに直接送れとも。その電話をヨンヒが盗聴している。

カヤホテルの創立記念パーティー。日本からジュンイチロウもやってきている。グランブルーの吸収もそこで発表される予定だったが、グランブルーはジャイアントホテルの傘下になるという事実が記者からチュニョンに知らされる。怒るチュニョン。彼はイスを見つけ話があるといい部屋の外に呼び出す。

一方、とある倉庫ではオ刑事の死体が発見されていた。現場へ向かうピョン刑事。死体にはまたもや丸が描かれ、足には刺し傷のようなものがあった。

事情を聞いたチョ・ウィソンも怒り、ジュンに当たり散らす。その後ろでは記者たちがその様子を見ている。

ジュンがイヒョンと話していたことが気になり事情を問うヘウ。イヒョンはお店のお客さんだと答える。そこに、ホテルマンがやって来てUSBを渡す。重要なものだから今確認してくれと伝言を受けたとのことだ。

事務所で話すジュンとチュニョン。ジュンは買収案が進行中だったのをわかっていて横取りしたことを認める。義理よりも事業を優先し、人を信じないというジュンに対して、残念だというチュニョン。自分もだと答えるジュン。

人を信じなければ人を失いすべてを失うというチュニョン。自分はこれ以上失うものがない人間だというジュン。

ヘウは警備室にあった予備のパソコンを使いUSBの中身を確認する。ヘウは自分だけが動画を見ているつもりだったが、音声が会場に筒抜けだった。父に対してチョン・マンチョルが事故のことで脅しているものだった。

 

鮫(サンオ:상어)OST  BoA(보아) 天国と地獄の間(チョングクグァ チオク サイ:천국과 지옥 사이)

リンクの際にはコチラをご利用ください  当ページの短縮URL → http://xn--nckg7eyd8bb4eb9478fjr1g.jp/?p=1562

スポンサードリンク

 - , , , , , , , ,