韓国ドラマランキング

韓国ドラマランキングでは、いろいろな韓国ドラマのランキング情報や映画の情報などを特集しています

*

その冬、風が吹く 第7話あらすじ・視聴率

      2013/09/17

スポンサードリンク

ソン・ヘギョ、チョ・インソン主演、キム・ボム、チョン・ウンジ出演のSBS水木ドラマ・その冬、風が吹く(ク キョウル、パラミ プンダ:그 겨울, 바람이 분다)の第7話あらすじ・視聴率情報です。(ネタバレあり)

第7話の視聴率は13.9%で同時間帯1位でした。他の同時間帯ドラマの視聴率はアイリス2(IRISⅡ:아이리스2)のサイトでご覧ください。

過去の視聴率は、第1話11.3%、第2話12.8%、第3話12.4%、第4話13.4%、第5話14.1%、第6話13.0%です。

その冬、風が吹く(ク キョウル、パラミ プンダ:그 겨울, 바람이 분다)

左から、オ・ス役(チョ・インソン)、オ・ヨン役(ソン・ヘギョ)、パク・ジンソン役(キム・ボム)、ムン・ヒソン役(チョン・ウンジ)

●あらすじをざっくりと!  その冬、風が吹く キャスト

金庫を開けにヨンの部屋に入ったオ・スは、ヨンと一緒に帰ってきたワン秘書に見つかってしまう。ヨンもオ・スの香りでオ・スがいるのかとワン秘書に問う。けれど、今はいないと答えるワン秘書。携帯で音楽を鳴らす隙に出ろと指示し、オ・スを部屋から出すワン秘書。

ワン秘書は話をする必要があるとオ・スに言う。カップを持つ手が震えるオ・ス。8ミリの内容を思い出し、日記帳を探しに入ったのだというオ・ス。あなたの正体を暴くためだと。

ヨンは本当に治らないのかとワン秘書に問うオ・ス。韓国だけでなく外国の病院にかかる金があるのにと。ワン秘書は78億ウォンをすぐにでも渡せば、ヨンの元から去るかと選択を迫る。

受け入れられないというオ・ス。ヨンからの遺言状があるし、その言葉は失言だと言うオ・ス。交渉は決裂する。ワン秘書はこれみよがしにオ・スについて相談があるとチャン弁護士に電話をかける。

一方ヨンは発作が起き、その苦しさからオ・スの薬を探す。ビンの蓋は開けられ薬がない状態でヨンは寝ている。飲んだのか?

チンソンヒソンとカフェで会うオ・ス。計画を変えワン秘書を脅迫しようという。ヨンを幼い頃意図的に病院に連れて行かなかったことや、78億を自由に出来る状況や、女のいるイ・ミョンホをヨンと結婚させようとしていることなどがその材料だ。チンソンたちに引き続きイ・ミョンホを監視するようにと言うオ・ス。

ワン秘書は金庫の中身を銀行へ移す。チャン秘書がヨンにそのことを伝え、オ・スをあまり信じるなという。ヨンは一人では何もできない自分が兄も信じることができないなんてと憤り、ワン秘書も、ワン秘書に好意を持つチャン秘書も、ワン秘書から金を受け取っているミラも信じられないと言う。

ワン秘書は自分の周りから誰も残らないようにしているのだと言い、立ち去るヨン。シム・ジュンテはオ・スに不可解な点があると言う。

オ・スはヨンが学生の頃の8ミリを見る。視覚障害となった理由は脳腫瘍ではなく網膜色素変性症で、初期治療をすればここまで悪化しなかったと医者に言われたと語っている。そして、その医者は、まだ希望があるから手術しようと言っていたのに、急に見立てが間違っていたと言い出したのだと語る。

ヨンは『ワン秘書が仕組んだことだとわかっているが、これでは終わらない、私には兄がいるし、兄がやってきたら黙ってはいない』と、泣きながら語る。目に涙を貯めるオ・ス。

オ・スはヨンから電話を受け出かける。ヨンはオ・スを迎えに行くという。互いにすぐ近くにいるのに小さな嘘をつく二人。結局外で待ち合わせすることに。ヨンを見守りつつ待ち合わせ場所に行き、いかにも反対側から来たように走って行きヨンと会うオ・ス。

ワン秘書はガラスに付いたオ・スの指紋の鑑定とDNA検査を行うという。また、結果がどうであれヨンにとって良くない兄だから排除するとも。チョン秘書はヨンの同意なしには何もできないという。それは、ヨンを寂しがらせるなとの会長の遺言を守るためでもあったからだ。

チョン秘書は続けて、78億は取るに足らない金なので、考えることなく出したほうがいいという。オ・スがヨンのそばにいても、ヨンのそばにワン秘書の居場所はあると言い残し立ち去る。

ヨンが薬を持ちだしたことに驚く。返せというオ・スに簡単には使わないというヨン。共同所有だから使うときには許可を貰うと言う。

イ・ミョンホから電話がかかる。電話を切ったあとオ・スはヨンにミョンホにときめくかと問う。ときめいたら好きなのかと聞くヨン。大体そうだと答えるオ・ス。ヨンは、『それならわたしはあなたが好きなのね』と、答える。微妙にたじろぐオ・ス。ミョンホとの結婚を考え直せとオ・ス。

目の検査をしようと言うオ・ス。ワン秘書が反対しても自分がいるから怖がるなと。ヨンは今は怖くないし、互いに利用しているだけだという。

オ・スがやってきたのに検査を受けない理由は、自分のためにやりたいことができなくなり、監獄のようなこの場所にがんじがらめにしてしまうことを避けたいからだった。

その代わりにと言いかけた所で、『遊びに行くか』と、まさにヨンが言いたかったことを言うオ・ス。ミラに聞いてMTに行ってみたかったというヨン。そして、チンソンとヒソンを呼んで旅行に行く。

ソリに乗り楽しむ4人。ヨンとオ・スは雪の上に寝転がり写真を撮る。オ・スはヨンの額にキスもする。本当の兄妹のようだ。

その後、ヨンはオ・スの包丁使いの音が料理人のようではないと指摘する。イタリアンシェフはみんなこうだとごまかすオ・ス。

ヨンはオ・スの魅力は何だとヒソンに問う。ヒソンは『浮気者でウソもうまく利己的だけど、完全には悪くないところ』と、答える。よくわからないというヨン。

ヨンはもう一人のオ・スの話をしようという。漢字は守(ス)かと問うヨン。オ・スは母に木のそばに捨てられていたから樹(ス)だという。それなら、彼は母親の顔を見たことがないのかというヨン。一度見たことがあると答え、いつだったか金を握らされた時のことを話すオ・ス。

それで傷ついて詐欺師になったんだろうとヨン。オ・スはもともとゴミみたいなやつだという。愛していた人はいたのかとヨン。オ・スは子供ができたのがわかりその女を捨て、その女が事故で死んだという。

彼がいくつの時かと聞くヨン。オ・スは彼も女も19歳だったという。いっときは理解し同情したが、責任を取れなかったことが許せないんだとオ・ス。

ヨンは人が人にしてあげられるのは許すことではなく慰めることだという。自分が子供の時に手術や抗がん治療を受けるときにも、『大丈夫、勝てる』とばかり言われたが、『怖がっても泣いてもいいんだ』と言って欲しかったとヨン。

彼もそううだったんじゃないかと、もう一人のオ・スの人生を省みるヨン。確かに大きな過ちを犯したけれど、彼はたった19歳で怖かったに違いない。『あなたはミスしたわ!』と、慰めなかったことを咎めるヨン。

オ・スはもう一人のオ・スのこととして自分の人生を語っていた。ムチョルに言われたこととは真反対の慰みの言葉をヨンからかけられ、オ・スは涙が止まらなかった。

ヨンに目が治ったら何が一番見たいかと聞く。『今はあなた』と答えるヨン。

ヨンを家の近くまで送ったあと、オ・スはある女医を訪ねる。『姉さん』と呼び、ヨンのことを話す。けれど相手にされない。

ムチョルはオ・スの事情をチン・ソラに話す。ヨンとの中が睦まじいと聞いて嫉妬心が揺り動かされる。ムチョルはそのことをオ・スに話す。ソラはイ・ミョンホに会いに行こうとしている。止めなければならない。

そのとき、ヨンの携帯から電話がかかる。ヨンがデパートで倒れたという一報だった。オ・スはヨンの方を選択しデパートに向かう。到着するとすぐヨンは気を失う。救急車を呼んでもらい、ヨンを抱えデパートを出ようとした瞬間、目の前にソラがいた!

その冬、風が吹く(ク キョウル、パラミ プンダ:그 겨울, 바람이 분다)OST

挿入歌  複写紙(モクジ:먹지) スーパージュニア イェソン(예성)

エンディング  冬の愛(キョウルサラン:겨울사랑) The One(더원)

その冬、風が吹く 第7話あらすじ・視聴率

スポンサードリンク

 - その冬、風が吹く , , , , , ,