韓国ドラマランキング

韓国ドラマランキングでは、いろいろな韓国ドラマのランキング情報や映画の情報などを特集しています

*

ドラマの帝王 9話あらすじ・視聴率 藤井美菜再登場!

      2012/12/05

スポンサードリンク

SBSの月・火ドラマでキム・ミョンミンとチョン・リョウォン主演のドラマの帝王(トゥラマエ チェワン:드라마의 제왕)、第9話の感想(あらすじ含む)と視聴率です。

視聴率は前回の6.9%から0.5%あがって7.4%でした。

見ていてもやはり視聴率上昇の要素がないドラマです。今回はまた日本人女優の藤井美菜が登場しました。日本の怖い集団・ワタナベが故国韓国に帰って死にたいということでついてきたという設定です。今後、出番が増えるのかもしれませんね。

ドラマの帝王

今回のあらすじ:代を継いだワタナベケンジがアンソニーへの出資を撤回し、今まで出資してきた資金も回収すると言ってきた。

当面の資金繰りにも行き詰まるアンソニー。新規の出資者を開拓使に奔走し、色よい返事も聞けそうな状況だったが、ことごとく敵対する帝国プロダクションに阻止される。

イ・ゴウンやスタッフ・監督までもが資金提供を申し出る。そんな必要はないと突っぱねるアンソニーだったが、影では感涙を流している。

カン・ヒョンミンはイ・ゴウンの説得を受け熟慮した結果出資することにしたが、その束の間金が惜しくなり撤回する。

ソン・ミナはかつてアンソニーと会話をした時に成功したら出資すると言っていたことを実行したいと、一旦手元にある資金を出資する。

アンソニーは帝国プロダクションの会長が、ドラマ界の21センチュリーフォックスになるべく、大規模撮影所の建設を進めていることを思い出す。その土地の地権者に土地代金のつり上げを提案し、釣り上げた文から出資して欲しいと言う。

アンソニーの目論見通り土地の値段は跳ね上がり、出資金を確保できるめどがつく。その契約に行こうとしたとき、ワタナベケンジの部下に捕まってしまう。逃走中に契約書の入ったカバンを空き地に放り投げたことをイ・ゴウンに伝え、契約にこぎつけるようにと要請する。

アンソニーは捕まった状態で、ケンジに『京城の朝』の制作権を帝国プロダクションに渡すようにと脅される。相手は怖い集団だ。日本では人が死ぬところも目撃している。どうなる?アンソニー!

10話に続く

ドラマの帝王 9話あらすじ・視聴率 藤井美菜再登場!

スポンサードリンク

 - ドラマの帝王 , , , , ,