韓国ドラマランキング

韓国ドラマランキングでは、いろいろな韓国ドラマのランキング情報や映画の情報などを特集しています

*

九家の書、職場の神、張玉貞愛に生きる視聴率5月7日付け

   

スポンサードリンク

5月7日付けの月火ドラマの視聴率速報です。

キム・ヘスオ・ジホ主演のKBS2韓国ドラマ・職場の神(チクジャンエシン:직장의신:ハケンの品格 韓国版:オフィスの神)の第12話視聴率は14.0%でした。

過去の視聴率は第1話8.2%、第2話8.6%、第3話12.3、第4話12.1%、第5話13.4%、第6話14.2%、第7話14.0%、第8話14.6%、第9話13.5%,第10話14.5%、第11話13.6%です。

4/8から始まったイ・スンギスジ主演のMBCドラマ・九家の書(クガエソ:구가의 서)の第10話視聴率は14.4%でした。

過去の視聴率は、第1話11.2%、第2話12.2%、第3話13.6%、第4話15.1%、第5話14.4%、第6話15.8%、第7話16.3%、第8話16.4%、第9話15.4%です。

九家の書

同じく4/8から始まったキム・テヒユ・アイン主演のSBSドラマ・張玉貞 愛に生きる(チャン・オクチョン サランエサルダ:장옥정, 사랑에 살다)の第10話は8.0%でした。

過去の視聴率は、第1話11.3%、第2話9.1%、第3話7.9%、第4話7.0%、第5話6.9%、第6話7.5%、第7話8.2%、第8話7.8%、第9話9.3です。

『張玉貞 愛に生きる』トンイ考2であらすじを記述しています。

 

順位は変わらなかったものの『九家の書』のトップの座が危うくなって来ました。『職場の神』と、たった0.4%差です。また、1日毎に1%づつ下落したのも気がかりなところです。

前回の記事でも中盤の停滞感を指摘しましたが、『職場の神』がクライマックスに向けて盛り上がってきていることもあり、ひょっとすると来週には1・2位の入れ替えがあるかもしれません。

同時スタートでない限り、先に終わるドラマのほうが数字を伸ばすことはよくあるため、問題はないとはいえますが、気分的に連続1位が途切れるというのは、製作者にとって辛いかもしれませんね。

『張玉貞 愛に生きる』については、前話の視聴率の跳ね上がりは、やはり誤差だったようですね。元に戻ってしまいました。視聴率の集計方法が全世帯対象でない以上、このように1%程度強弱が出てしまうのはしかたのないことです。

リンクの際にはコチラをご利用ください  当ページの短縮URL → http://xn--nckg7eyd8bb4eb9478fjr1g.jp/?p=1194

スポンサードリンク


 - チャン・オクチョン、愛に生きる, 九家の書, 職場の神 , , , , , , , , , , , ,