韓国ドラマランキング

韓国ドラマランキングでは、いろいろな韓国ドラマのランキング情報や映画の情報などを特集しています

*

君の声が聞こえる 第17話あらすじ・視聴率 君の眼差しなしでは前を見ることさえできないのに

      2013/08/03

スポンサードリンク

イ・ボヨン(이보영)、ユン・サンヒョン(윤상현)、イ・ジョンソク(이종석)主演のSBS水木ドラマ・君の声が聞こえる(ノエモクソリガトゥルリョ:너의 목소리가 들려)の第17話のあらすじ&感想です(ネタバレ含む)。

君の声が聞こえる キャスト・登場人物・出演者

第17話の視聴率は22.3%でした。過去の視聴率は、第1話7.7%、第2話12.7%、第3話15.0%、第4話16.1%、第5話16.1%、第6話17.8%、第7話16.1%、第8話16.4%、第9話17.9%、第10話19.7%、第11話22.1%、第12話22.8%、第13話21.6%、第14話23.1%、第15話23.0%、第16話24.1%でした。

君の声が聞こえる

左から役名で、ソ・ドヨン、パク・スハ、チャン・ヘソン、チャ・グァヌ

それではあらすじを簡単に!

 

衆電話からスハヘソンの携帯に電話するとミン・ジュングクが出る。ヘソンを拉致しキジョン団地の屋上にいると言っている。ヘソンに触れたら殺してやるというスハ。ミン・ジュングクは1時間以内に誰にも知らせること無く来いという。

ヘソンの声を聞かせてくれとスハ。『スハ、絶対に来ずに警察を呼びなさい。絶対一人では来ないで。私を心配せずに・・・』と、ヘソン。ここで電話が切れ錯乱状態になるスハ。

『2013年7月26日午後3時10分。彼女はミン・ジュングクに拉致された。それから2時間30分後、僕たちの11年の物語は、終止符を打つことになった』

ミン・ジュングクは刑務所仲間のひったくりにスハのカバンを盗ませ、その中から携帯を抜き出し、ヘソンに対してスハを拉致したと告げて、結局ヘソンをおびき寄せたのだった。

ヘソンは裁判直前だったがスハには代えられなかった。また、警察に見つかってはならないため裏口から抜け出したので、はたから見ると行方不明となったのだった。

3時5分の時点で、ヘソンはロープに縛られ身動きができない状態だった。ヘソンは意識を取り戻し、スハはどこにいるのかと問う。ミン・ジュングクは携帯だけがあると答える。

何を企んでいるのかと問うヘソン。ミン・ジュングクは、当初ヘソンとスハを殺そうとしていたが、かつて釣り堀でスハがいった一言に逆上し考えを変えたという。スハは『オレは違う。オレはお前のように獣のような生き方はしない、絶対』と言っていた。

ミン・ジュングクは、自分がすべてを失ったように、お前を殺したとしてもスハが本当にそうできるのかが知りたいのだと言う。『お前も気になるだろう?オレが見せてやる』と続ける。

そして、3時10分の会話となる。

チュンギの携帯を半ば奪う形で借りる。

ヘソンに語りかけるミン・ジュングク。11年もの因縁があるのに、こうして会話をするのは初めてだ。ヘソンは、ここで終わりだから自首しろという。ミン・ジュングクもここで終わりだと自覚している。そして、自分の最後を見せるために連れてきたという。

それは何かと問うヘソン。ミン・ジュングクはスハを11年前の自分のようにするのが目的だという。ヘソンは、スハは絶対そうならないという。更に、あなたの事情はわかる、スハの父の記事で妻を失い、私の告発で母と息子を失ったと思っているのだろうという。

よくわかっているなとミン・ジュングク。そして、始まりはスハの父だという。ヘソンは始めたのはお前で、被害者ではなく、スハの父とわたしの母を殺した殺人者だという。

医者も警察も誰も何も聞こうとしなかったのに、じっとしていろというのか?静かに暮らせと?それでいいのか?と、ミン・ジュングク。

ヘソンは母の遺言を思い出し、どうしてあのような遺言を残したのか、お前を見てわかったという。『お前が過ごした11年間、どんな気持ちで生きていたのかわかったわ。復讐、恨み。そんな気持ちだけで過ごしてきて、どんなに地獄だったか。スハがお前のようになると思わないで。スハは違うわ。お前のように後ろ向きではない』と、ヘソン。

その言葉に怒ったミン・ジュングクはドンキを手に取り振り上げる。

スハはチャ・グァヌに電話を入れる。事情を説明し、チャ・グァヌに助けを求める。『以前は彼女を守るために死んでもいいと思っていたが、今は違う。自分に万が一のことがあれば、彼女は傷を抱えてしまう。彼女と僕を助けて。警察だろうとなんだろうと動員して、僕たちを助けて。来るまではどうにかするから、お願いします』と。

チャ・グァヌが警察やSATを手配している頃、スハは一人でミン・ジュングクのいる屋上へと行く。そこにはヘソンの姿はない。スハはお前の意図はわかるし、お前のように獣のようには生きないという。

その言葉に反応し、最初から獣だったと思うか?最初は人間だったと、ミン・ジュングク。妻の心臓移植の一時間前に、スハの父によって心臓は盗まれたと続ける。移植用の心臓は、スハの母に使われたのだ。いくつかの記事と引き換えにそのようにしたことを知っているかとスハに問う。知っていると答えるスハ。

それなら誰が始めたのかわかるだろうというミン・ジュングクに対して、スハは、お前が父を殺して殺人者になったのだと答える。ヘソンと同じ事を言うのだなと、ミン・ジュングク。

チャ・グァヌは、この間にヘソンを探していた。

ミン・ジュングクは誰もが獣になるといい、血のついたスパナをスハの方へ放り投げる。その血を見て後退りするスハ。ミン・ジュングクは最初は殺すつもりはなかったが、ヘソンがお前のことを自分とは違うと言い出したため、怒りがこみ上げてきて殺ったのだという。

この会話は携帯経由でヘソンに聞かされていた。

4時40分、警察とSATが到着する。

ミン・ジュングクは自分を『殺せ』と、スハを挑発する。そして、11年前にどのような思いで始めたのかやっと分かるだろうと言う。スパナを握ったスハだったが、『どんなに殺したいほど悪くても殺してはダメ。そうすれば、すべての理由は消えるから』とヘソンが言っていたことを思い出し、スパナを手放す。

驚くミン・ジュングク。スハは自分を獣のようにし向けるためにしたことで、ヘソンは生きているだろうと言う。それでも、ヘソンは死んだというミン・ジュングク。スハは『チャン・ヘソン、チャン・ヘソン、オレの声が聞こえるだろ?ちゃんと聞け。オレは絶対こいつを殺しはしない。お前との約束を必ず守る。獣のようには生きないから、心配せずに待っていろ、わかったか?』と叫ぶ。

その声を聞き、涙を流すヘソン。そこに、チャ・グァヌが助けに来る。ロープを解かれると、チャ・グァヌの制止を振り切り危険を顧みず屋上へ向かうヘソン。

ミン・ジュングクは、ヘソンを殺したと言いはる。スハは、もしそうだとしても選択は同じだという。彼女は復讐を望まに筈だ、お前の妻のように、と続ける。更に、『お前の妻も、お前が今のように生きているのを知れば苦しむはずだ。今のお前の様は言葉に出来ない。すごくかわいそうだ。オレの選択は終わったから、オレを利用して、お前の人生の言い訳にするな』と言う。

衝動に駆られ、鉄パイプです歯を襲おうとするミン・ジュングク。そこに銃弾が飛んでくる。すでに彼は包囲されていた。もう終わりだから諦めて自首しろというスハ。ミン・ジュングクは今までのことを回想し、飛び降りることを選択する。スハは彼の目を見て、そのことがわかってしまう。

ミン・ジュングクを制止しようと近寄るスハ。『言ったじゃないか、ここが最後だと』と、心でつぶやくミン・ジュングク。制止するためにミン・ジュングクを掴むスハ。そこにヘソンたちも上がってくる。『パク・スハ、一緒に行こう』といい飛び降りるミン・ジュングク。スハも巻き込まれ落ちる。

ヘソンはその光景を見て気を失う。けれど、下にはマットが敷いてあり、二人は助かる。ヘソンが救急車で運ばれる光景を見てスハは半狂乱だ。自分が病院に担ぎ込まれても半狂乱のままヘソンを探す。

トヨンも病院に駆けつける。ベンチに座るチャ・グァヌを見つけ、ヘソンとスハの無事を確認する。トヨンは怒り心頭で、ミン・ジュングクの罪を全て訴追すると息巻いている。チャ・グァヌはそんなトヨンに、ミン・ジュングクのことが少しかわいそうに思うと告げる。呆れるトヨン。

チャ・グァヌはミン・ジュングクとスハの違いがわかるかといい、ミン・ジュングクには信じてくれる人、話を聞いてくれる人、愛してくれる人、そんな人が誰もいなかったのだ。そんな人が一人でもいれば、彼は違っていたかもしれない、スハのようにという。

ヘソンを見つけ安心するスハ。互いに抱きしめ合う。ヘソンは、さっきの言葉をちゃんと聞いたといい、スハはヘソンが生きていてくれたことを感謝する。

『2013年5月26日5時40分、ミン・ジュングクは逮捕され、俺達3人の過去11年の歴史はこうして終わった』

同じベッドに横たわる二人。ヘソンはスハの母のことを問い、スハはミン・ジュングクが恨みを抱いたその経緯を話す。そして、それが原因だということを話せずにいたこと、そして、そのことでお前を失うかもしれないことが怖かったと告白する。そんな人間だと思ってたのかとヘソン。

『その時二人は、1つだけ重要なことを忘れていた。ミン・ジュングクが捕まれば、彼の隠された世界が公にされるということを。そして、彼の過去が明らかにされれば・・・オレの隠された過去もまた明らかにされる・・・愛してる・・・俺達は生きている喜びに酔って、すっかり忘れていた』

 

第18話に続く

君の声が聞こえるOST  シン・スンフン(신승훈) ラブテーマ(러브테마)

チョンヨプ(정엽)  どうして今になってやってきたの?(ウェ イジェヤ ワンニ:왜 이제야 왔니 )

Echo  Every single day   

リンクの際にはコチラをご利用ください  当ページの短縮URL http://xn--nckg7eyd8bb4eb9478fjr1g.jp/?p=1745

スポンサードリンク

 - 君の声が聞こえる , , , , , ,