韓国ドラマランキング

韓国ドラマランキングでは、いろいろな韓国ドラマのランキング情報や映画の情報などを特集しています

*

ドラマの帝王 感想(あらすじ含む)

      2012/11/26

スポンサードリンク

SBSの月・火ドラマでキム・ミョンミンとチョン・リョウォン主演のドラマの帝王(トゥラマエ チェワン:드라마의 제왕)、第1話を見ました。

キム・ミョンミンは結構好きな役者なので期待していたのですが、第1話は正直つまらない内容でした。

キム・ミョンミンが演じるアンソニー・キムは、興行成功率93.1%を誇るドラマ制作会社の 代表です。成功率が100%でないのは2002年のワールドカップと2008年の韓米FTAという大型の阻害要因があったから。ドラマの成功のために非常になりきれる人物です。

ドラマの帝王一方、チョン・リョウォンが演じるイ・ゴウンはドラマ作家のアシスタント。ドラマの最終回に大型案件のオレンジジュースを使うことを拒否して脚本を仕上げた作家のアシスタントイ・ゴウンは、アンソニー・キムにだまされてラストシーンを変更してしまいます。

上記のような設定でドラマは展開されていくのですが、あいかわらずキム・ミョンミンの演技は切れています。ただ、彼のドラマにありがちな高慢ちきで冷徹でプライドの高い性格を演じているので、設定がパターン化されすぎているきらいがあります。

そして、最初に世界を席巻する韓流のシーンがあるのですが、当然ながら日本も出てきます。小馬鹿にしたような描写で「あ~、まただ」という感じです。着物を着てトッポキを食べてたり、出てくる子供の名前がイチローだったり・・・。金額ベースで韓流の8割は日本が占めているのにね~。日本が購入をストップするとドラマ制作費は超低予算になってしまうのだから、顧客としてもう少しリスペクトしてほしいものです。

ちょっと話がそれました。

第1話の視聴率は6.5%と低調なものでした。個人的にも見ていてつまらなかったです。放送に間に合うかわからない状況で、法外な成功報酬を提示しバイク便にテープを託すのですが、キム・ミョンミンが運転するバイクにチョン・リョウォンも乗ってそのバイク便に追随するのです。

急いでいるバイクに追いつくはずもないのに余裕で追走しているんですよ。それなら自分で最初から持って行けって話です。そのバイク便は結局転倒して、運転手は亡くなってしまいます。そして葬式に現れたアンソニー・キムは1億ウォンの小切手を遺族に渡します。

近年、ドラマの撮影に関係した死亡事故も起きていて、それらを描写したかったのでしょうが、描写があまりにも安易すぎました。

イントロダクションに失敗しただけでこれから良くなる可能性もありますし、ドアマット状態のままの可能性もあります。ドラマのタイトルのようにドラマの帝王になれるのか。キム・ミョンミンというよりも脚本家次第なのですが、とりあえずあと数話は様子見です。

ドラマの帝王 感想(あらすじ含む)

スポンサードリンク

 - ドラマの帝王 , ,