韓国ドラマランキング

韓国ドラマランキングでは、いろいろな韓国ドラマのランキング情報や映画の情報などを特集しています

*

ドラマの帝王 10話あらすじ・視聴率 ちょっと上昇!

   

スポンサードリンク

SBSの月・火ドラマでキム・ミョンミンとチョン・リョウォン主演のドラマの帝王(トゥラマエ チェワン:드라마의 제왕)、第9話の感想(あらすじ含む)と視聴率です。

視聴率は前回の7.4%から1.5%あがって8.9%となり、同時間帯2位に浮上しました。

ただし、MBCが大統領関連の特番を放送したことで、1位の馬医(マイ:마의)の放送時間が大幅にずれ込んだ恩恵を受けただけとも言えます。来週低下する可能性も高いので注視が必要です。

今回で藤井美菜はお役御免になったようです。韓国では「第2のユミン」としても期待されているようですが、そうなると日本での人気は低下する可能性があるので、女優としては微妙なところですね。ネット翻訳では「第二の流民」と誤訳されていて、言い得て妙だと思ってしまいました(汗)

ドラマの帝王

今回のあらすじ

ワタナベケンジに捕まったアンソニー。金を返すか腕を落とすかの二択を迫られる。

アンソニーは時間まで待ってくれと言い、ケンジは約束は守ると12時まで待つことに。

い・ゴウンに契約は託されたのだ。なんとかアンソニーのカバンを見つけ、カン・ヒョンミンを運転手に土地を売った新スポンサーを見つけ契約に持ち込む。

そしてケンジの口座に入金し、すんでのところで腕を落とされなくて済んだアンソニー。

 

一難去ってまた一難。今度は盗作疑惑が持ち上がる。チョ・ヨンウンが自身の小説『運命の恋人』を盗作されたとアンソニーに電話をかけ、コウンには内容証明を送りつけたのだ。

アンソニーはチョ・ヨンウンの主張をよくあることと一蹴するが、コウンは作家のプライドを掛けて対峙するという。出世しようと盗作することなんてしないというコウンだったが、放送禁止仮処分申請を行うと言われる。この申請が通ればドラマの放送は凍結される。

コウンは実際に本を読んでみる。確かに似ている部分もある。その後、主演女優のソン・ミナは盗作疑惑を問題視して、このままでは演じられないから脚本を訂正しろと要求する。コウンは確かに一部は似ていると認めるが、訂正はしないという。

このやりとりはモニターに映し出され俳優やスタッフのすべてが見ていた。主演のカン・ヒョンミンは最後まで成り行きを聞かず似ていると認めたことだけを聞き、コウンに失望したことを伝える。

アンソニーも二人の元へやって来る。ソン・ミナに対して台本通りに演じろと言い、誰も信じなくても自分だけはお前を信じるとコウンに伝える。

次話ではアンソニーがスタッフにコウンを信じ制作に邁進するようにと鼓舞するようだ。

 

11話に続く

ドラマの帝王 10話あらすじ・視聴率 ちょっと上昇!

スポンサードリンク

 - ドラマの帝王 , , , , ,