韓国ドラマランキング

韓国ドラマランキングでは、いろいろな韓国ドラマのランキング情報や映画の情報などを特集しています

*

男が愛する時 第2話あらすじ・視聴率 再会

   

スポンサードリンク

ソン・スンホン、シン・セギョン主演のMBC韓国ドラマ・水木ドラマ 男が愛する時/男が愛するとき(ナムジャガ サランハンテ:남자가사랑할때)の第1話のあらすじ&感想です。(ネタバレ含む)

視聴率は第1話の6.6%から3.5%上昇して10.1%でした。

同時間帯ドラマは、アイリス2(IRISⅡ:아이리스2)は11.1%、私の恋愛のすべて(ネ ヨネエ モドゥンゴッ:내연애의모든것)は7.4%でした。

第2話にしてアイリス2に肩を並べるまで数字を伸ばして来ました。来週の逆転の可能性もありそうです!

男が愛する時(ナムジャガサランハルテ:남자가 사랑할 때)

簡単にあらすじを!

ゴールデンツリーを立ち上げたハン・テサンは着実に会社を大きくしていき、海外との取引も積極的に行なっていた。香港での商談には、イ・ジェヒが通訳としてテサンをサポートしている。

一方、ソ・ミドは学歴偏重の韓国においては、なかなか就職が決まらず、イタリアンレストランでアルバイトをしていた。デザイナーのもとで働く友人ウネは、パーティーで上流階級の男でも落とせば道は開けると、ドレスを持ってやってくる。

パーティーに潜入したミド。キム社長の女だったパク・ソンジュもいる。男を落とすどころか、レストランの常連に会い、因縁をつけられてしまう。

弟のソ・ミジュンは着実に夢を現実のものにしつつある。ミドはやりたいことがはっきりしている弟を羨む。ミジュンはミドがしたいことを覚えている。思い出すまで待つよというミジュン。

イ・ジェヒは韓国に戻って就職するとテサンに話す。ゴールデンツリーに入るから直接面接してくれというイ・ジェヒ。テサンは冗談で落とすという。

兄は元気かと聞くイ・ジェヒ。7年前テサンを助けボスのキム社長を殺めてしまったことで刑務所に入っている。それ以来、ジェヒの世話はて参加しているのだ。

キム社長の友人だったク・ヨンガプがテサンの退院を祝いにやってきたことがあった。彼はテサンと組みたいと言い出し、断られると警察に全て話すぞと脅迫したが、テサンは友人を助けなかったク・ヨンガプとは組むつもりはないとその場を去る。

パク・ソンジュとの縁も切れていなかった。彼女は未だにテサンに惚れ込んでいる。男ができるまでは誕生日を一緒に祝ってもらう約束だと、テサンのオフィスに乗り込んできていた。二人は食事に出かける。

イタリアンレストランでは結婚記念日のディナーとして予約していた。しかもテサンを『ヨボ(あなた)』と呼ぶ。テサンはあるウェイトレスに目が行く。ソ・ミドだ!

ソ・ミドは先日パーティーで揉めた上流階級の子女のグループに目をつけられ、そのテーブルのサーヴィス担当となる。わざとフランス語や英語で注文する彼女たち。ミドはしっかりリスニングし注文の品をテーブルに届ける。

けれど、彼女たちは今度は注文が違うといってごねだし、謝罪を要求する。間違ってないと言いはるミドだったが、ウェイトレスのほうが立場が弱い。膝を屈しようとしたその瞬間、テサンがこれで食えとそのテーブルに小切手をばらまき、ミドを連れて行く。

学費を送ったテサンは、彼女がなぜここでアルバイトをしているのか理解できなかった。ミドはそのお金に手を付けるつもりはなかったが、父の入院費となってしまったことを告げる。今度から出会っても知らないふりをしてとミド。

今後もそうは出来ない。理由を言おうかとテサンが言ったところでパク・ソンジュが『あなた』とテサンを呼び店から出てくる。テサンの手を振りほどくミド。ソンジュは先日のパーティーのような立ち回りを期待していたと言う。茶々を入れられその場を離れるテサン。涙を流すミド。

ソンジュはテサンの心のなかにいる女性がミドだと気づく。7年前からテサンが自分を拒み続ける原因の一つだ。

古傷が痛むテサン。特に問題はないがストレスだという医師。

テサンの母は小さな食堂を営んでいる。学生がクッパを食べにやってくる。ふとTVを見ると息子が映っていた。驚いて下げた食器を落とす母。学生は食い逃げした。(←意味がわからない!)

ソンジュにつきまとうク・ヨンガプ。キム社長が隠していた金について話したいと事務所に連れて行く。いるはずの弁護士はいない。ク・ヨンガプは唐突にプロポーズし始める。

自分が好きだったことは知っているだろうと言う。この世に私を好きじゃない男がいるのとソンジュ。一人、テサンがいるだろうとク・ヨンガプ。閉じ込められたソンジュは、窓を破り脱出する。

ソ・ミドの父にいきなり個室が割り当てられる。テサンの仕業だ。ミドはそんなことをされる筋合いわないと、テサンのオフィスに行き断りを入れる。

ミドの言い分を聞くテサン。とても負担だというミドに、テサンはそれなら返せと言う。その言葉に乗ったままミドは返すと言う。

テサンは明日から出勤して働いて返せと言う。こうして、ミドの就職が決まった。けれど、ミドは自分を女としてみているからダメだという。妻がいるではないかと。その誤解も簡単に解ける。

書店の整理をしながらトッポッキを食べるミド。テサンはなぜか食べない。ミドに勧められ一度口にしたものの、水を何度も飲むテサン。辛いものはダメなようだ。

うとうとしているミドに、テサンは唐突に一緒に暮らそうと言う。結婚しようと!

 

リンクの際にはコチラをご利用ください  当ページの短縮URL → http://xn--nckg7eyd8bb4eb9478fjr1g.jp/?p=989

スポンサードリンク

 - 男が愛する時 , , , , , ,