韓国ドラマランキング

韓国ドラマランキングでは、いろいろな韓国ドラマのランキング情報や映画の情報などを特集しています

*

シークレット・ガーデン14話レビュー&あらすじ(ネタバレ含む)

   

スポンサードリンク

シークレット・ガーデン(시크릿 가든)14話レビュー&あらすじ(ネタバレ含む)です。

個人的に今日はオスカーデーでした。シークレットガーデンってチュウォン・ライムラインとオスカー・スルラインがありますが、今日は完全にオスカーにやられました。

妖精のおばあさん(ヨジョン ハルモニ:요정 할머니)となったオスカーの包容力のある優しさ。いいですよね~。あんなことされたらチュウォンから鞍替えしそうですよね。ま、もともとライムはオスカーファンだから、そういった意味では心変わりはないのかもしれないけど・・・。

そして、スルとの追憶をさかのぼって全て思い出そうとしているオスカーの姿が健気で泣けてきちゃいます。スルもスルで、ホントは自分との思い出なのに、違う人との事のように言っちゃって素直じゃないところが健気で・・・。

「これもお前じゃない?」とチーズケーキを差し出したり、「チョコは確実に違う」と、オスカーが言った時のスルの微妙な表情も良かったですね~。

そのあと、オスカーがピアノで弾いたショパンのノクターン第2番,Op.9,CT108-110。スルの表情が変わりオスカーのもとに来た時に「この曲、そうだろ?」。完全にやられました!ライムのために妖精のおばあさん(ヨジョン ハルモニ:요정 할머니)になったオスカーですが、スルにも魔法をかけたようで、一連のオスカーには感動しっぱなしでした。

※追記:本国の放送ではオスカーは『シャルル・アズナヴール』の『She』を弾いていました。一般的には映画『ノッティングヒルの恋人』の『エルヴィス・コステロ』のカバーのほうが有名かな?ちょこっと入る歌パートはコステロのものかな多分。

見合い相手が話しかけてくるあたりもBGMは歌モノの『ホワイトクリスマス』です。大人の事情で曲が変わることは昔からよくあることですね。というか、いまだに韓国ではちゃんと権利処理してないのですなね~!

毎度、翻訳について不満を述べていますが、今回紹介したシンプルなセリフは、何故か余分な言葉がついているんですよね~。シンプルにそのままにしてくれたほうが、互換性もあっていいのにと思いました。

ところで、シークレット・ガーデンのすぐ後に王女の男の番宣やってましたね。実は歴史ドラマの史実解説が本業?なので、現在どのような方向で解説していくか試行錯誤中です。といいつつ、韓国の本放送直後に録りためていた動画を全部見て、すでにそれなりに解説もしちゃってるのですが(汗)

興味のある方は、下記から特集ページに行ってみてください!

王女の男 特集

紳士の品格OST illa illa by JUNIEL

スポンサードリンク

 - シークレット・ガーデンあらすじ , ,